メンバーが取り組む問題

活動メンバーの問題意識、取り組みを共有・社会化する

当事者からみた外国籍の子どもの課題 

滝澤ジェロム

15歳から活動メンバーとしてかかわる。

全国児童養護問題研究会愛知支部学習会で自身の問題を社会化し、外国籍の子どもが抱える課題や在留資格など4つの問題について言及。

 

取り組んでいる問題「外国籍の子どもたちへのアウトリーチ支援」全国こども福祉センター活動歴5年以上。センターの事業では児童養護施設出身者を対象としたコミュニティ・スポーツ(フットサル・バドミントン)を担当。講演実績:全国児童養護問題研究会愛知支部・黄柳野高校・日本司法福祉学会など

 

黒川美津紀(Mizuki Kurokawa )

取り組んでいる問題「学校内外での非行少年との関係性づくり」大学入学と同時に活動に参加する。活動メンバーから事務局として中高生メンバーを側面的にサポート。関西出身でムードメーカー。講演実績:名古屋大学教育学部・明治学院大学・日本司法福祉学会など

 

伊藤ひかり(Hikari Ito)

ソーシャルワーカー(社会福祉士) 学童保育職員

取り組んでいる問題「学童期・思春期におけるアウトリーチ支援」講演実績:同朋大学・明治学院大学・反貧困ネットワークあいち・守山ロータリークラブ・日本司法福祉学会など

加納慎恭(Shinsuke Kanou)

家族の悩みなど人間関係のトラブルに取り組む。営業やデザイン、音楽活動の経験を活かしながらアウトリーチを実践。講演実績:名古屋大学教育学部・同朋大学・明治学院大学・日本司法福祉学会など

 

管理運営・リンク

公式Twitter

活動予定をリアルタイムで更新中!Twitterをフォローするだけで最新情報を入手!

 

講演・研修依頼

福祉・医療・教育・司法分野など幅広いテーマに対応しています。

 

新刊案内

保育・教育関係者必見! 

支援を前提としない福祉とは?福祉を利用しない子どもたちとつながるには?アウトリーチ方法、ノウハウを惜しみなく紹介!