アウトリーチ

(アウトリーチ・相談事業)

 アウトリーチ(OutReach)は直訳すると、「手を伸ばす」という意味があります。国内では訪問支援(家庭訪問)と混同されて使用されていることが多いですが、ここでは、「必要な支援や情報を届けるスキル」とします。当センターでは、行動経済学やマーケティング分野から援用し、子ども・若者とのアプローチ、関係性の構築、居場所づくりなどの実践を通して、アウトリーチスキルの開発を行ってきました。

情報社会の今、いかに子ども・若者に認知してもらい、選んでもらうかが課題となっています。当センターが柱とするアウトリーチの形態は、内閣府主催アウトリーチ(訪問支援)研修の中で紹介されている四類型の一つ、「直接接触型」アウトリーチです。家庭を居場所としない子どもへのアプローチができる唯一の方法で、街頭でたむろする非行グループへのアプローチや予備軍ともいえる少年少女へ介入します。

 

 昨今では、再非行や再犯防止が注目されていますが、当センターでは非行やひきこもり等が深化する前にアプローチしていきます。(路上、SNSやチャットでの直接接触、アプリを活用した相談体制、繋がり形成を行っています。)

 12歳の男の子、1日約110万人の大人が往来する名古屋駅(名古屋市条例:路上禁煙区域)で堂々喫煙していますが、誰も声をかけません。彼はここで何をしていますか?なぜ、誰も声をかけられないのでしょうか?

 

アウトリーチの手法とスキル普及

 少年少女との価値観や文化が開いていくいっぽうで、市民による声かけ活動は普及せず、さらにハードルがあがっています。結果、警察や司法権力による取り締まり、カリスマ(著名人)によるパトロール、啓発活動に依拠する傾向が進んでいます。一人で抱えるには限界があり、囲い込み・貧困ビジネス事案なども多数発生していると聞きます。全国こども福祉センターでは、カリスマに依拠するのではなく、スキルの普遍化(一般への普及)を目指し、依存先の分散を図ります。

 

 その場の立ち話で終わることなく、彼らの「声」を聞きながら少しずつ信頼関係を形成していきます。ヒアリング・洞察を行ないながら、必要に応じて適切な居場所へ誘導を行っています。路上パトロールは敢えてパトロール感を出さず、同世代(高校生・大学生)ボランティアなどが「着ぐるみ」をまとい前線に立つことで、相談へのハードルを下げています。この活動が居場所となる子ども若者も多数存在し、伴走型支援の入口ともなっています。

 

 公的支援に繋がることのできない子ども若者は、行き先もなく、誰からも声をかけてもらえないため、JKビジネス(女子高生をウリにしたビジネス)等による子どもを取り囲むビジネスがセーフティネットになってしまっています。少女だけでなく、詐欺の出し子やスカウトも少年の姿が見られます。

 

相談内容の一例(子ども)

・社会的養護出身者からの相談

 お金がなく、住むところがない。仕事をしたくない。

・母親が家事をしない。学校を辞めたい。

・対人関係がうまくいかない。学校に行きたくない。

・家に帰りたくない。

・大人が信用できない。

・自傷行為が辞められない。

・監禁されている。

・薬物をしている友達から逃げられない。 など

 

(親・保護者)

・子どもとどう関わっていいかわからない。

・知り合いの親子が気になる。

・自分の居場所がない。

 

管理運営

公式Twitter

アウトリーチによるつながり、子どもから大学生までのコミュニティ

実践ふくし大学

実践重視の学びの場。アウトリーチ(直接接触型)研修卒業企画

未来FC

アフターケアを目的に設立。非行少年・社会的養護当事者のためのフットサル・チーム

理事長HP

予防を目的にアウトリーチ教育、普及プログラムを実施・大学・一般向けの講演・研修・給付型奨学金のメリット・デメリット