スポーツ・居場所づくり

アウトリーチをとおして出会い、スポーツでつながる

スポーツ以外にも多様な複数のコミュニティが存在

 

社会活動への参加者数(10代〜20代前半、職員含む)

累計11,379名

平成30年度1,996名

平成29年度2,350名

平成28年度2,242名

平成27年度:2,182名

平成26年度:1,577名

平成25年度:522名

平成24年度:510名(任意団体)

 ※参加者名簿から集計(のべ数)

 

国内唯一の事業:アウトリーチとスポーツが融合したコミュニティ

 

コミュニティの種類

・バドミントン(毎月)2012年~

フットサル(毎月)2013年~

 FFC(未来FC)

・バスケットボール不定期

ボランティア(毎週)2012年~

・声かけ活動(毎週)2012年~

・季節行事2012年~

(ハロウィン・クリスマスなど)

・学生ミーティング(毎週)2013年~

・のりたけキッチン(毎週)2016年~

 (アウトリーチ型子ども食堂)

実践ふくし大学(毎月)2018年~

 

過去の予定表(参考)
28年スケジュール(2~3月).pdf
PDFファイル 433.9 KB

 

1.子ども若者を対象

(バドミントン・フットサル・ボランティア)

仲間づくりの場、社会へつながる場として。活動に関わることや社会貢献を「居場所」にしています。

 

2.保護者・親世代を対象

子どもたちを取り巻く環境から、青少年支援について学ぶアウトリーチ研修で世代を超えた仲間づくり

 

*民間からの助成実績

①平成26年度・27年度赤い羽根共同募金会

 保護者のネットワーク支援(よりそい塾)

②平成26年度公益財団法人住友生命健康福祉財団

「コミュニティスポーツ推進事業実践助成」で採択

 非行少年のステップ・フットサル!(未来FC)

③平成26年度・27年度名古屋市社会福祉協議会

「地域の子ども応援事業」として採択

 中高生の居場所づくり(ぷちスポ)

④平成25年度あいちモリコロ基金

 孤立した子ども若者のコミュニティ運営(ぷちスポ)

 

 

管理運営・リンク

公式Twitter

活動予定をリアルタイムで更新中!Twitterをフォローするだけで最新情報を入手!

 

講演・研修依頼

福祉・医療・教育・司法分野など幅広いテーマに対応しています。

 

新刊案内

保育・教育関係者必見! 

支援を前提としない福祉とは?福祉を利用しない子どもたちとつながるには?アウトリーチ方法、ノウハウを惜しみなく紹介!