フィールドワーク

わたしたちは対話交流を図るなかで、社会調査活動(フィールドワーク)を実施しています。繁華街や祭礼行事・SNSなど、フィールドは多岐にわたります。繫華街での声かけ活動はフィールドワークから生まれた活動です。全国こども福祉センターの活動は、施設や援助機関の外へ足を運ぶ(手を伸ばす)活動が特徴です。

 

フィールドワークとアウトリーチ

アウトリーチ(OutReach)は直訳すると、「手を伸ばす」という意味があります。国内では必要な支援や情報を届けるスキルと認識されていますが、全国こども福祉センターはフィールドワークで得た知見をもとに、その都度、子ども・若者と実践と振り返りを行いながら、当事者目線の声かけやサービスを考えます。

 

全国こども福祉センターのアウトリーチとは何か?

アウトリーチ(訪問支援)の四類型に分類されている「直接接触型アウトリーチ」という手法を採用しています。国内では、全国こども福祉センターが先駆けて実践を行ってきました。家庭を居場所としない子どもへのアプローチができる唯一の方法で、繫華街やSNSなど子ども若者が集う場へのアプローチが可能です。近年では、虐待対応や再犯防止が注目されていますが、わたしたちは非行やひきこもりが深化する前に出会い、人間関係を築きます。

出典:キャッチ「密着 着ぐるみで声かけ」中京テレビ(2015年9月14日放送)

信頼関係が前提と考え、対話や交流、人間関係を重視した活動を続けています。人間関係が相談の入り口となり、下記のような相談を受けています。活動メンバーによるピアサポートをはじめ、社会福祉士がケアを担当しています。

 

相談内容の一例(子ども)

・社会的養護出身者からの相談

 お金がなく、住むところがない。

・母親が家事をしない。学校を辞めたい。

・対人関係がうまくいかない。

・いじめられている

・家に帰りたくない。

・大人が信用できない。

・自傷行為が辞められない。

・監禁されている。

・薬物をしている友達から逃げられない。など

 

(親・保護者)

・言うことを聞かない。

・子どもとどう関わっていいかわからない。

・知り合いの親子が気になる。

・自分の居場所がない。

・ホストや風俗で働いてしまう。

・子どもから暴力を振るわれている。

・子どもに友達ができない。