活動内容

児童福祉・社会的養護の枠組みを超えて

パトロールや保護・救済、支援ではない新たな取り組み

 

 本法人は、国内で先駆けて「支援を前提としないアウトリーチ¹」を実施してきた非営利活動法人です。子ども・若者とゼロから人間関係づくりを重視し、2012年から児童福祉や社会的養護の当事者である若いメンバーが集い、実践をしてきました。

1)アウトリーチとは、援助機関を利用しない子ども・若者にこちらから働きかけること”を差します。

 

”支援”よりも生涯の仲間を

フィールドワーク、そしてアウトリーチをきっかけに出会った子ども・若者(10代・20代)が自身で問題を見つけ、ボランティアとして活動します。活動開始から7年、これまで11,379名の子ども・若者に社会活動の参加機会を提供することができました。

 

全員がフィールドワーカー

 全国こども福祉センターでは、10代~20代前半のメンバーが中心で活動をしています。メンバー全員が参加するフィールドワークでは、支援をする側、される側と線引きをせず、様々なバックグラウンドをもつメンバーがひとつになって活動しています(なかには虐待や非行、いじめや不登校等、社会的養護、中学校に一度もしていないメンバー、大学生、福祉や保育の資格者などが混ざって活動をしています。)

 

問題解決の主体は本人

 フィールドワークに加え、スポーツなど幅広い余暇活動をとおして、異なる年代・価値観・文化を持つメンバーが交流します。それぞれが互いに人間関係を構築しながら、ともにコミュニティ・仲間づくりの場を模索、実践の経験を積んでいます。

 

 当法人は、所属メンバーが主役。誰かが助けてあげるのではなく、「問題解決の主体は本人」という姿勢を大切にしながら、それぞれのメンバーが抱える問題、課題意識を尊重したいと考えています。

 

予防を目的としたアウトリーチ活動

 被虐待経験やいじめ・不良行為をきっかけに、自殺・不登校・ひきこもりへと深化すると介入が困難となります。当センターは予防を目的に、直接接触型のアウトリーチを実践、同時に人材養成にも力を入れています。

 

累計11,379名

平成30年度1,996名 平成29年度2,350名

平成28年度2,242名 平成27年度:2,182名

平成26年度:1,577名 平成25年度:522名

平成24年度:510名(任意団体)

 

 

 

【全国こども福祉センターの社会連携図】

※アウトリーチ現場で緊急的に医療の介入が必要な場合、医療法人と連携し、街頭や施設で問診を行うことができる体制を整えています。

 

 

高等教育・人材養成に還元

大学教育(専門含む)でアウトリーチにかかわる講義を644時間実施。

実践と教育に力を入れており、国内でトップの実績を誇ります。

管理運営・リンク

公式Twitter

活動予定をリアルタイムで更新中!Twitterをフォローするだけで最新情報を入手!

 

東京支部

関東で活動したい方必見!ユニークなメンバーが集う秘密基地

 

未来FC

全国こども福祉センター公式フットサル・チーム

 

実践ふくし大学

実践重視の学びの場。アウトリーチ(直接接触型)研修生の卒業企画

 

理事長HP

講演・研修依頼