創設者

荒井和樹(kazuki Arai)

撮影:宮田絵理子氏

全国こども福祉センター理事長 

保育士・社会福祉士(ソーシャルワーカー)

 

1982年、北海道生まれ。日本福祉大学大学院卒。児童養護施設職員として在職中、教育や公的福祉の枠組みから外れる子どもたちと出会い、支援の重複や機会の不平等に直面する。子どもたちを支援や保護の対象(客体)として捉えるのではなく、課題解決の主体として迎え、2012年に全国こども福祉センターを組織、2013年に法人化する。繁華街やSNSで子ども・若者とフィールドワークを重ね、8年間で、1万4千人以上の子ども・若者に活動できる環境を提供。著書に『子ども・若者が創るアウトリーチ 支援を前提としない新しい子ども家庭福祉』(アイ・エスエヌ)。主な論文に「若年被害女性等支援モデル事業におけるアウトリーチの方法」『日本の科学者』(本の泉社)がある。

 

 

Kazuki Arai|President of National Children's Welfare Center

Childcare Professional / Social Worker 

Born in Hokkaido, Japan, in 1982 and graduated from Nihon Fukushi Graduate University. While Arai worked at an orphanage, he met children excluded from the framework of education and public welfare. There he was forced to confront the reality of unnecessary support duplications and the inequality of opportunity.  In 2013 he founded a non-profit organization, National Child Welfare Center to welcome children as subjects of problem-solving rather than treating them as objects of support and protection. Through eight years of field work with young people in downtown areas and SNS, his organization has been providing an environment where more than 14,000 struggling young people can find their way of living by themselves. He is the author of “Outreach Created by Children and Youth – New Child/Family Welfare without Assuming Social Support” (I.SN)

Major papers include "Outreach Method in Support Model Project for Young Victims" and "Japanese Scientists" (Hon no Izumisha).

 

出演・講演依頼等は、お問い合わせからお願いします。

週刊教育資料(2017年9月4日号) Educational public opinion (1445), 4-6, 2017-09-04教育公論社

 

メディア出演・掲載についてはこちらから

出典:とくダネ! フジテレビ(2015 年9 月14 日放送)

少年事件や自殺、虐待など社会問題の根幹に切り込みます

 

 

取材・講演依頼等は以下のフォームからお願いします

メモ: * は入力必須項目です

新刊案内

保育・教育関係者必見!

新刊『子ども若者が創るアウトリーチ / 支援を前提としない子ども家庭福祉』

 

公式Twitter

活動予定をリアルタイムで更新中!Twitterをフォローするだけで最新情報を入手!

 

講演・研修依頼

福祉・医療・教育・司法分野など幅広いテーマに対応しています。