法人概要 About us

各々の福祉を追求する、全国から若者が集う”路上のボランティアセンター”

【活動理念】

「支える」「支えられる」という関係に縛られず、各々の福祉を追求できる環境を提供します。

 

【法人概要】

活動拠点:愛知県(名古屋・知多・東三河)、東京都

所轄庁:名古屋市 法人番号3180005015386

設立:2012年7月 登記:2013年5月

設立者:荒井和樹

法人事務所 〒453-0014 

愛知県名古屋市中村区則武1-16-8-405

 

 

【活動概要】

相談のハードルが高い、援助機関へのアクセスが困難な人々に、着ぐるみ姿で声をかける、繫華街で交流する活動です。子ども若者を中心に、さまざまな困難や障害を抱える方や路上生活者、ボランティアの大学生、保育士、看護師、大学教員らで運営しています。

 

活動当初(2012年以前)は、現地調査と犯罪抑止を目的に始めました。出会った子ども・若者の声を聴くなかで、変えられないものを受け止められる場が必要と考え、対話と交流、活動機会を保障する全国こども福祉センターが誕生しました。

 

公開の場で、ともに考え、交流し、活動機会を提供する全国こども福祉センターの活動は、街角の相談所であり、ボランティアセンターです。ケアと仲間づくりの場、活動機会の提供を行ってきました。ともに過ごすこと、ただ居ること、対話や交流に価値を置く活動を大切にしています。

※1 詳しい理念や方法論は『子ども・若者が創るアウトリーチ-支援を前提としない新しい子ども家庭福祉』(荒井和樹著)で公開しています。

 

【沿革】

アウトリーチ研修:画像出典:名古屋テレビ(光さす居場所へ2015年6月放送)

 

【法人役員】

理事長 荒井和樹 社会福祉士 保育士

  (中京学院大学 専任講師)

理事 伊藤加奈子 医師

  (ココカラウィメンズクリニック 院長)

理事 平澤恵美 社会福祉士 精神保健福祉士

  (明治学院大学 准教授)

理事 岸田紀子 精神保健福祉士

  (東海医療科学専門学校 専任講師)

理事 冨田正美

  (NPO法人陽和 副理事長 元愛知県教育委員会)

理事 清水ゆり子

  (会社員) 

監事 清水真一

  (会社員)

 

【組織図】

 

 

全国こども福祉センターの社会関係

アウトリーチ活動の先駆者として

子どもたちのアイデアを取り入れながら、活動内容やアウトリーチを見直し、現在の活動へ進化していきました。全国こども福祉センターの取り組みは、教育や福祉の観点から高い評価を得ており、国内外から見学者がみえます。

 


【活動内容】

詳細は活動内容のページへ

 

出向き、小さな声を聴く

2万人の子ども・若者に活動参加機会を提供

(集計期間:2012年7月~2022年3月末)

 

当サイトで使用されている全ての画像および文章を無断で複製・転載・販売することを堅く禁じます。