団体概要 About us

問題は本人が決める

公的支援や援助機関から遠ざかる、利用しない子ども・若者が存在します。わたしたちは「支援」を掲げず、まずは彼らと出会い、対話し、同じ時間を共有することから始めます。

 

理念

福祉と出会う人たちが、「支える、支えられる」という一方的な関係ではなく、相互に支えあう関係を構築することを目指しています。

アウトリーチや児童福祉実践や自助グループ運営を当事者である子ども・若者と行います。また、実践にもとづいた学術論文の発表、学会発表に加え、メディア発信も精査しながら協力しています。福祉関係者からは地域で援用できる実践として高い評価をいただいています

 

【法人概要】

事務所所在地:愛知県名古屋市

団体設立:2012年7月

法人登記:2013年5月

活動拠点:愛知県、東京

 

 

理事長 荒井和樹

理事 伊藤加奈子(ココカラウィメンズクリニック院長)

理事 長谷川眞人(元愛知県立大学・元日本福祉大学教授)

理事 米藏雄大(一般社団法人folklore forest代表理事)

理事 伊藤正明(日本福祉大学社会福祉学部助教)

 

 

事業内容

 昨今、どこのセーフティーネットにもかかることのできない子ども若者、社会的弱者への伴走型支援の必要性が高まっています。全国こども福祉センターは、社会のあらゆる問題の予防を目的として、当事者である子ども・若者がフィールドワークを実施しています。非専門家の10代・20代を中心に置き、社会福祉士や保育士、小学校の教員が横並びで活動しています。

 

 

フィールドワークやアウトリーチをきっかけに出会った10代・20代がボランティア側に回ります。活動開始から7年経過し、これまで11,379名に社会活動の参加機会を提供することができました。

当法人のアウトリーチスキル、居場所づくりのノウハウは全国的にも高い評価を得ており、全国から多数の見学者がみえます。

http://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/kikin/dantai/d_019_kodomofukushi.html

活動メンバー

 10代・20代、そして一般市民です。みんなが子ども家庭福祉の当事者であるという考えのもと、若いメンバーが中心になって活動しています。アウトリーチで出会ったメンバーのほか、福祉、医療、教育分野の有資格者・大学生など幅広い学生・社会人の方が参加しています。

 

全国こども福祉センターのあゆみ

2012年 

10代と20代のメンバーが集まり、アウトリーチを開始

 大人に発見されない、保護未満の子ども、支援拒否をする子ども・若者と出会う。現地に出向き、対話を重ねていくうちに、福祉や支援につなぐことよりも、一緒に考える、ともに実践するという環境が必要と考え、2012年7月7日、名古屋市で任意団体を設立。着ぐるみを使ったアプローチ、インターネットや動画配信を活用したアウトリーチと居場所づくりを試行錯誤する。

 

 アウトリーチ(繁華街やSNSでの声かけ)やスポーツ・コミュニティを運営開始(バドミントン・運動会)。自分たちで資金を募り、街頭募金も並行して行い、わずか3か月間で参加者は400名をこえた。

2013年

法人化・世界会議に向けた準備

 若者が集まることへの妬みや人間関係が急に拡がったことで、代表者や団体の悪評を流され続けたが、活動の必要性から2013年5月に全国こども福祉センター登記(特定非営利活動法人認証)。

 翌年の「子ども虐待防止世界会議名古屋2014」の現地委員会を務め、大会に協力する。ユースメンバー(高校生・大学生)を21名紹介。 

 

社会関係・援助機関との連携図(2013年)

 

2014年

実践と研究、教育の拠点に

 名古屋市北区から中川区に事務所を移転。支援を前提としないアウトリーチ・児童福祉実践と教育・研究の拠点となる。

・アウトリーチの技術、方法を伝授するための養成講座開始

・シェルター事業開始

・少年を対象としたフットサル・コミュニティを運営

・名古屋市子ども・若者支援地域協議会ネットワーク参加

 

アウトリーチ研修の様子:名古屋テレビ(光さす居場所へ2015年6月放送)

 

2015年 

地域福祉リーディングモデル事業に選定

 アウトリーチ(直接接触型)研修を開始(名古屋市地域福祉リーディングモデル事業/後援:名古屋市教育委員会・愛知県教育委員会)。支援を前提としないアウトリーチ、非専門家(ボランティア)が参加できるアウトリーチを実践してきたことが、社会的に評価される。6名の調査員によるサイバー調査を実施。川崎中一男子殺害事件、刈谷市集団暴行死事件、大阪中一男女殺害事件で多数のメディアに取材協力。現地訪問するなどして事件をわかりやすく解説した。

 

2016年 

国内普及プログラムを実施

 東京支部が2016年2月に発足。アウトリーチ国内普及プログラムを実施(第1回子どもの未来応援基金の助成事業として選定された)。全国主要都市(東京・大阪・名古屋・神戸・福岡)でシンポジウム・講演会を無償(一部有料)で実施。アウトリーチの必要性を伝え、実践者にアフターフォロー実施。アウトリーチ活動の参加人数は増加し、2,241名となった。http://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/kikin/dantai/d_019_kodomofukushi.html

 

 

2017年 

慈善活動の在り方を問う

 座間市9遺体殺人事件で多数のメディアに取材協力。事後対策ではなく予防の必要性を訴えるが放送はNHKのみ。アウトリーチ活動における参加人数は過去最高の2,350人となり、不特定多数の子ども・若者の社会教育活動の機会を提供した。10月より、本来事業を優先するため、助成金申請を控える。

 

2018年 

実践ふくし大学設立

 養成研修は5年目の節目を迎え、アウトリーチ(直接接触型)研修卒業生・講師合同企画による「実践ふくし大学」を創設。問題解決の主体は本人であるという姿勢を大切にしながら実践の機会を提供。

https://jf-unv.jimdo.com/

 

管理運営・リンク

公式Twitter

常時500名以上の10代から20代前半のメンバー、福祉専門職のコミュニティ

 

東京支部

関東で活動したい方必見!ユニークなメンバーが集う秘密基地

 

未来FC

全国こども福祉センター公式フットサル・チーム

 

実践ふくし大学

実践重視の学びの場。アウトリーチ(直接接触型)研修生の卒業企画

 

理事長HP

講演・研修依頼