講演・研修依頼

—実践者、研究者、当事者の視点から—

第65回三重県社会福祉大会(基調講演)講師『演題:地域でできる子ども若者支援』

 

【演題例】

援助機関から遠ざかる親子へのアプローチ(苫前町PTA連合会・教育委員会):支援を前提としない子ども・若者へのアウトリーチ(全道児童委員活動研究集会):貧困ポルノとアウトリーチのリスク(長野県東御市教育委員会):路上とサイバー、取り巻く環境へのアウトリーチからみえてきたもの(生活困窮者シンポジウム:愛知県済生会):路上とサイバー空間へのアウトリーチと居場所の必要性(豊田市子ども部次世代育成課):セーフティネットにかからない子どもたちへのソーシャルワーク(群馬県教育委員会):アウトリーチから見えてきた課題(山梨県教育庁)

 

キーワード:アウトリーチ・性産業・社会的養護・貧困ポルノ・子ども若者・少年事件・虐待・自殺予防

全国こども福祉センター創業者、理事長

社会福祉士・保育士

日本福祉大学社会福祉学部・子ども発達学部(兼任)非常勤講師

同朋大学社会福祉学部非常勤講師

給付型奨学金ソーシャルワーカー

http://blog.canpan.info/nfkouhou/archive/607

元児童養護施設職員

元愛知江南短期大学・名古屋芸術大学保育専門学校非常勤講師

内閣府(子供の貧困対策の推進)2016年度未来応援ネットワーク事業

アウトリーチ普及プログラム責任者

ISPCAN子ども虐待防止世界会議名古屋2014現地委員

 

【略歴】

 社会が発見できない, 保護を求めない子どもたちの存在に気付き, あらゆる現場に出向く. 繁華街やSNS,インターネットを活用したアウトリーチで出会った子ども・若者と全国こども福祉センターを設立.その後, ある著名人から執拗に攻撃を受けるも, 国内でアウトリーチスキルの普及を継続. 2016年度から内閣府・日本財団による貧困対策事業に選定,国内でアウトリーチ普及プログラムを実施.

 実践にもとづいた講演,研究・論文発表のほか愛知県・岐阜県子育て支援員研修講師,給付型奨学金ソーシャルワーカー,大学教育ではゼミを務めるなど,実践・研究・教育の現場を行き来しながら,現在も繁華街やサイバー空間に足を運び続けている.

 

北海道苫前郡出身.社会福祉士.保育士.元児童養護施設職員を経て,2013年に全国こども福祉センターを設立, 2015年から同法人理事長.

日本福祉大学大学院 修士(社会福祉学)

 

【メディア出演】

・まるっと(2018.9.3)「子どもの自殺防止NPOが呼びかけ」NHK総合

・おはよう日本(2017.11.13)「犯罪やトラブル防ぎたい”若者とSNS”支援を模索」NHK総合 

・クローズアップ現代(2015.9.2)「見えない子どもたち どう守るか」NHK総合ほか多数(詳細;荒井和樹公式サイト

【資格・学歴】

社会福祉士(第68255号) 

保育士(愛知県-037610)

日本福祉大学大学院 社会福祉学研究科修了  修士(社会福祉学)

社会福祉士実習演習担当教員講習(演習分野)

社会福祉士実習演習担当教員講習(実習分野)

 

【執筆・寄稿】

若年被害女性等支援モデル事業におけるアウトリーチの方法――アウトリーチ(直接接触型)実践からの分析」『日本の科学者』(2018年12月号)vol.53 

A Method of Outreach in the Support Model Project for Young Women: Analysis from Outreach (Direct-Contact) Practice ARAI Kazuki

「子ども貧困対策事業におけるアウトリーチ普及における課題と展望」福祉研究(113)16-26(2018年8月発行) 

「勧誘行為の実態と成人若年層の犯罪予防に向けたアウトリーチの可能性;路上調査をもとに」子どもと福祉(11)109-115(2018年7月発行

「NPO法人全国こども福祉センター理事長 荒井和樹氏に聞く つながる、社会を捉えるアウトリーチ」週刊教育資料 (1445)4-6(2017年9月4日号

「『アウトリーチ』のリスクと貧困ビジネス」子どもと福祉(10)125-127

2017年7月発行

「SALON 全国こども福祉センターでの取り組み;居場所としての『社会貢献』の重要性」日本の科学者 51(2),104-1062016年2月

なごや子ども貧困白書(風媒社),子どもNPO白書2015(エイデル研究所)で執筆

 

週刊教育資料 (2017年9月4日号)

 

【講演スケジュール】

初めての山口県岩国市での講演です。主催は「NPO法人とりで」さんです。山口県で「子どもの貧困対策」に取り組んでいる公益法人です。http://www.toride2016.com/

 

2019年

1/17(木)愛知黎明高等学校

1/25(金)愛知県子育て支援員研修

3/13(水)多治見市(地域子育て支援ネットワーク協議会)

6/29(土)全国児童養護問題研究会

7/7(日)徳島市青少年補導センター

7/30(火)日進市教育委員会

 

講演例:苫前町PTA連合会・教育委員会主催による講演(2018年10月22日)

 

2018年

1/18(木)愛知黎明高等学校

1/20(日)刈谷市ボランティアセンター

1/26(金)愛知県子育て支援員研修利用者支援事業(特定型)

3/3(土)社会文化学会・中部部会

3/16(日)大府市講演(アスクネット主催)

3/18(日)アウトリーチ研修報告会:4期説明会

3/25(日)児童福祉法研究会

5/11(日)実践ふくし大学スクーリング講師

5/18(金)三重県高等学校家庭科教育研究会総会

5/25(金)日本福祉大学子ども発達学部(子ども福祉特別講義)

5/30(水)愛知学院大学(地域連携学)

6/6(水)愛知学院大学(地域連携学)

6/6(水)長野県東御市教育委員会

6/13(水)椙山女学園大学(看護学部)

6/23(土)社会的養護出身者対象給付型奨学金説明会

6/24(日)学内学会第50回大会(日本福祉大学)

7/4(水)金城学院大学(家庭支援論)

7/4(水)椙山女学園大学(文化情報学部)

7/7(土)労働社会学会報告 / 青山学院大学

7/10(火)日本福祉大学(現代基礎教養Ⅱ)

8/12(日)実践ふくし大学スクーリング講師

8/22(水)北海道民生委員児童委員連盟講演

 

講演例:北海道民生委員児童委員連盟主催による講演(2018年8月22日)

 

9/1(土)日本福祉大学院同窓会合同企画講師

9/3(月)愛知県黄柳野高等学校講演

9/4(火)岐阜県子育て支援員研修講師

9/5(水)岐阜県子育て支援員研修講師

10/15(月)東海学園大学(心理学部)

10/16(火)東海学園大学(心理学部)

11/23(金)日本福祉大学(福祉労働論)

12/2(日)NPO法人とりで(山口県岩国市)

12/10(月)三重県立高等学校:児童福祉の観点から

12/17(月)愛知県子育て支援員研修講師

12/18(火)愛知県子育て支援員研修講師

 

講演例:大阪府「学生の視点で考える自殺予防事業」(2016年1月27日)

2017年

2/17(金)子ども貧困対策講演(ドーンセンター・大阪)

3/19(日)子ども貧困対策シンポジウム(ウィンクあいち・名古屋)

4/16(日)子ども貧困対策シンポジウム(新宿コズミックセンター・東京)

5/8(月)西南学院大学社会福祉学部(福岡県)

5/15(月)東海学園大学健康栄養学部

5/17(水)東海学園大学健康栄養学部

5/18(木)愛知黎明高等学校

6/7(木)椙山女学園大学看護学部

6/7(木)椙山女学園大学文化情報学部

6/15(木) 岐阜県青少年育成県民会議定時総会講演

6/19(月)岐阜大学教育学部

6/21(水)福岡シンポジウム(西南学院大学・西南コミュニティセンター)

6/27(火)椙山女学園大学経営情報システム論

6/28(水)椙山女学園大学看護学部

6/29(木)豊橋創造大学看護学部

7/3(月)福岡県児童館職員研修(福岡市)

7/5(水)愛知学院大学地域連携学

7/23(日)日本福祉大学夏季大学院ゼミナール分科会講師

8/23(水)北名古屋市子ども・若者支援地域協議会(北名古屋市家庭支援課)

8/26(土)神戸講演会(あすてっぷKOBE)

9/12(火)和歌山県(一社)あがらの家講演

9/19・20 岐阜県「子育て支援員」研修(基本型)

9/21(木)四天王寺大学(教育学部)

9/23(土)社会福祉シンポジウム(相模原女子大学)

11/6(月)東海学園大学心理学部

11/12(日)生活困窮者問題シンポジウム(愛知済生会)

11/25(土)講演会(社会福祉法人あさみどりの会)

12/4(月)中京大学(豊田C)地域福祉論

12/6・7 愛知県「子育て支援員」研修(基本型)

12/10(日)SCA養成研修講師(東京)

 

講演例:子ども・若者支援(日韓シンポジウム)登壇(2016年1月16日)

 

講演料について

講演・研修依頼は上記日程にかかわらず時間帯によっては可能な場合もございますので、一度ご相談ください。

 

講演料(法人規定)交通費別

企業・行政機関 10万円程度 

NPO・非営利団体など 5万円~

学校関係者(応相談)

※時間や内容、予算等、相談を受付けております

 

講演・授業等の申込みについては

お問い合わせからメールください。

管理運営

公式Twitter

アウトリーチによるつながり、子どもから大学生までのコミュニティ

実践ふくし大学

実践重視の学びの場。アウトリーチ(直接接触型)研修卒業企画

未来FC

アフターケアを目的に設立。非行少年・社会的養護当事者のためのフットサル・チーム

理事長HP

予防を目的にアウトリーチ教育、普及プログラムを実施・大学・一般向けの講演・研修・給付型奨学金のメリット・デメリット