活動報告

―アウトリーチ実践と研究拠点として――

わたしたちは、子どもたちが課題や目標を見つけ、自身で追求できる場を提供したいと考え、任意団体設立(2012年)。これまで18,167名の子ども・若者に社会活動の参加機会を提供してきました(集計期間:2012年7月~2021年3月末まで)。コロナ災害による全校休校・他機関閉鎖では、中高生メンバーとオンラインコミュニティを運営。福祉センターには、全国から子ども・若者が集います。

 

当センターでは特定非営利活動法に基づき、年度ごとに事業報告、決算報告を行ない、所轄庁や法務局に必要書類を提出しています。なお、情報開示レベルは業界最高基準(レベル5)となっています。

 https://fields.canpan.info/organization/detail/1570718120

 

出典:CANPAN FIELDS

研究活動・書籍出版

子供の貧困対策事業『アウトリーチ国内普及プログラム』を実施(2016年10月~2017年9月)、2019年10月『子ども・若者が創るアウトリーチ/支援を前提としない新しい子ども家庭福祉』荒井和樹(著)刊行。

https://www.amazon.co.jp/dp/4909363068/

 

2019年度 活動報告

 

決算報告書等の情報公開・行政提出資料は以下のサイトにまとめて添付・掲載しておりますので、どうぞご覧ください。

https://fields.canpan.info/organization/detail/1570718120

新刊案内

保育・教育関係者必見!

新刊『子ども若者が創るアウトリーチ / 支援を前提としない子ども家庭福祉』

 

講演・研修依頼

福祉・医療・教育・芸術分野など幅広いテーマからご依頼を頂いています。

 

公式Twitter

活動予定をリアルタイムで更新中!フォローするだけで最新情報を入手!